おしゃれ芸能人から絶大人気♡ルード系には欠かせないゴローズの魅力

土屋アンナ ゴローズ

たくさんのファンやマニアを抱えるアクセサリーブランド、「ゴローズ(goro’s)」は、インディアンジュエリーが大流行する先駆けとなったブランドです。原宿にある正規店では店舗に入れる人数を抽選で絞っていたり、結構な高額商品があるにもかかわらずクレジットカードが使えないなど、買い物するだけでもなかなかハードルが高いことで知られています。

イーグル、チェーン、ブレスレット、ベルト、ペンダント、リングなどのアイテムがあり、フェザーをいくつか集めて組んで、自分の好みのペンダントに仕上げていくのが楽しみの一つです。

芸能人の愛用者がやっている組み合わせを真似っこしているゴローズマニアの方も多いようですよ。

ゴローズの魅力、3つのポイント

 

View this post on Instagram

 

RINKAN原宿店silverさん(@rinkan_harajuku_silver)がシェアした投稿

・魅力1 :入手困難で希少価値がある!

ゴローズの原宿店には長蛇の列ができます。それもそのはず、入店できる人数は限られていますし、商品は結構高額なので購入するにもいろいろ悩みたくなるもの。でも、なかなか手に入らないからこそ、その魅力もまた増大するものですよね♪

・魅力2:たしかな品質でコンセプトもかっこいい!

創設者の高橋吾郎さんは残念ながら2013年に亡くなられてしまいましたが、アメリカで銀細工の修行をして、自分独自の作品を作るようになったとのこと。デザインももちろん秀逸ですが、インディアンカルチャーに基づくブランドコンセプトも魅力的です。

・魅力3:とにかくおしゃれ!

有名人で言えば、木村拓哉さんや草彅剛さん、長瀬智也さん、矢沢永吉さん、板野友美さんなど、“ゴローズ好き”とされる人はおしゃれなファッションアイコンばかり。どうしたって真似したくなりますよね!

→ ゴローズの通販はこちら

→ ゴローズのユーズド品はこちら

長瀬智也さんのスエードアレンジペンダント

長瀬さんは、シンプルなアメリカンカジュアルテイストのコーディネートのカナメとして、ゴローズのペンダントを使っています。
ルードっぽい無骨な雰囲気に、ほどよい艶っぽさが加わるのが特徴。
ブランドアイコンとも言える、シルバーのフェザーモチーフを、チェーンではなくてあえてレザーコードに通して、ラフなニュアンスを出しています。
赤いビーズをポイント使いしてアクセントに。

→ 長瀬智也 着用アイテムはこちら

木村拓哉さんは、大人ならではのジャラジャラづけ

木村さんは、いろいろなパーツをゴチャゴチャっと重ねづけしてゴージャスな組み方をしています。
かなりのゴローズフリークスだそうなので、いろいろなパーツを所有されていると思われますが、自分のセンスで上手に組み合わせているのでおしゃれ度がうかがえますね。
ゴールドのイーグルはかなり高額でなかなか手に入らないものではありますが、フェザーと一緒に使うと存在感があってかっこいいです。

→ 木村拓哉 着用アイテムはこちら

板野友美さんらしいシンプル&ラフなペンダント

板野さんは、女性らしくシンプルなペンダント使いがかわいいですよね!
ゴローズのペンダントは、こんな感じでラフなTシャツ姿をグンっと格上げしてくれるところが魅力でもあります。
チェーンは太めをチョイスすることで、華奢なネックライン&デコルテラインを美しく強調しています♪

こちらで使用しているフェザーの素材は、シルバー925と18金。
本体の長さは7cmほど。
ほどよい大きさなので、女性でも使いやすいですね。

→ Amazonでの購入先はこちら

土屋アンナさんのカッコいいイーグルリング

土屋さんが指にはめているのは、ターコイズ付きイーグルリングです。
よく知られている平打ちリングよりも、数段上の存在感があって、迫力があります。
土屋さんは、フェザーのペンダントもお気に入りでつけているときがあり、かなりのゴローズマニアっぽいですね。
ターコイズは、一つ一つ色みが違うので、自分の好みの石を見つけるのも楽しみの一つ。
中古で10万円台で購入できるものもあります。

→ 楽天での購入先はこちら

まとめ:おしゃれかつ資産価値も高い!ゴローズのアクセサリーをコレクションしてみては?

芸能人にも愛用者が多い、ゴローズのアクセサリー。おしゃれな組み方や、自分好みの石を見つけるなどして、楽しみ方はいろいろです。気軽に買えるものばかりではありませんけれど、それは品質のたしかさを物語ってもいるので、プレゼントとしてもぴったり!資産価値も高いので、一つ一つ集めていけばちょっとしたコレクションにもなりますね♪ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?